衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

衛生監視員のしごと -医務薬事衛生監視員-

前回の記事に引き続き、衛生監視員の仕事を説明します。

 

今回は、医務薬事衛生監視員についてです。

 

医務薬事衛生監視員は、①診療所や施術所の開設、②薬局、医薬品販売業の許可、③毒劇物販売業、業務上取扱者の登録・届出受付、④身近な家庭用品の規制を行います。

 

診療所や施術所の開設

診療所、歯科診療所、助産所、施術所(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう・柔道整復)、歯科技工所、衛生検査所の開設、変更、廃止等の許認可業務を行ったり、届出を受けたりします。

薬局、医薬品販売業の許可

医薬品を販売、授与又はこれらの目的で貯蔵し、陳列する施設について、医薬品医療機器等法に基づいて、審査を行います。

劇物販売業、業務上取扱者の登録・届出受付

毒物又は劇物を販売、授与する施設や、業務で取扱う者に対して、毒物及び劇物取締法に基づき、登録や届出を受け付けます。

身近な家庭用品の規制

家庭用品とは、衣料品や洗浄剤など私たちが毎日使っている生活用品のことです。

ただし、食品、おもちゃ、医薬品、医薬部外品、化粧品を除きます。

医務薬事衛生監視員は、ベビー服や下着等の衣料品、住居用の洗剤、エアゾル製品などの家庭用品を原因とする健康被害を防止するため、販売店から家庭用品を試買し、検査を行います。

検査の結果、基準に違反している製品については販売中止等の指導を行います。

 
また、薬物乱用防止の啓発活動も行っています。

 

 

<イラスト図解>病院のしくみ

<イラスト図解>病院のしくみ