衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

衛生監視員になるための公務員試験おすすめ勉強法 -一般教養-

公務員試験は、各学会の専門家が集まる問題作成委員会によって作られています。
試験の正答率の調整などの理由から、試験の問題には特定の傾向があります。

 

一定の傾向がある試験を対策するのに最も有効な手段は過去問を解く事です。
しかし、問題を解くだけでは十分な対策とは言えません。
正答を導き出すための基礎知識を学ぶことで、応用がきくようになります。

 

基礎知識を学ぶには、参考書が多く、どこから手を付けたら良いか分からない…そんな方におすすめの勉強法を、今回紹介したいと思います。

 

 

私のおすすめは、基礎知識と過去問のみを一冊にまとめた『クイックマスター』を使って勉強することです。

 

公務員試験 過去問 新クイックマスター 判断推理・図形 第6版
 

 

数的処理は、一般教養の問題の3割を占める重要な科目です。
特に数的推理と判断推理は、自治体、官公庁に関わらず、40問中10問出題されます。
繰り返し、最低でも3周やると効果的です。
ページ右上に正誤をつける欄が3つあるので、取り組みやすいと思います。
私は紙質が好きで、よく持ち歩いていました。重量感もちょうど良かったです。

 

クイックマスターによる対策のお陰で、試験では、7~8割の得点を取っていました。

 

クイックマスターを突然やるのは、少し抵抗があるという方には、『畑中敦子シリーズ』での勉強をおすすめします。
解法のテクニック等掲載されていますので、ぜひお試しください。

 

畑中敦子の数的推理ザ・ベスト プラス

畑中敦子の数的推理ザ・ベスト プラス

 
畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラス

畑中敦子の判断推理ザ・ベスト プラス

 
畑中敦子の資料解釈ザ・ベスト プラス

畑中敦子の資料解釈ザ・ベスト プラス

 

 

クイックマスター以外の過去問題集でおすすめなのは、『スーパー過去問ゼミ』(いわゆるスー過去)です。
クイックマスターよりも、使用している方が多い参考書だと思います。

 

私は、間違えた問題に付箋を貼り、正解できるまで繰り返し解く地道な勉強をしていました。
また、人文科学や自然科学などの暗記科目は、B5サイズのノートにまとめて持ち歩き、移動時間や休憩時間に読むようにしていました。

 

数的処理が苦手な方は、無理をして数的処理に時間を割かず、人文科学、自然科学を中心に勉強しても良いと思います。
人文科学は、日本史、世界史、地理など、馴染みのない科目が多いかと思います。
センター試験用過去問題集を活用するのがおすすめです。

 

センター日本史〔文化史〕 (赤本ポケット)

センター日本史〔文化史〕 (赤本ポケット)

 
センター攻略よくでる一問一答世界史

センター攻略よくでる一問一答世界史

 
みんなのセンター教科書 地理B[改訂版]

みんなのセンター教科書 地理B[改訂版]

 

 

理系では、地理がおすすめです。
地理は理解と思考力を試される科目ですので、応用が得意な方には一番おすすめです。 

 

自然科学は、化学、物理、生物、地学と、受験で勉強した方が多い科目です。
とっつきやすさはぴか一だと思います。
息抜きにもなると思います。
クイックマスターを解いてから、手近な参考書等活用するのも良いと思います。

 

 

文章理解は、現代文、英文など、普段論文を読んでいる方は得意かもしれません。
無理に英単語を勉強せず、分からない単語があれば検索しつつ解くとスムーズに学習できると思います。

 

公務員試験 過去問 新クイックマスター 文章理解 第6版

公務員試験 過去問 新クイックマスター 文章理解 第6版

 

 

時事問題に関しては、『速攻の時事』を活用するのがおすすめです。

 

公務員試験 速攻の時事 平成29年度試験完全対応

公務員試験 速攻の時事 平成29年度試験完全対応

 
公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編 平成29年度試験完全対応

公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編 平成29年度試験完全対応

 

 

私は、休憩時にインターネットでニュースを見るなどしていましたが、周りの受験生は速攻の時事を活用していたとのことでした。
私が受験した時は存在を知らなかったので、非常に残念に思います。
ぜひ活用してください。

 

捨て科目は、選択問題で数問捨てることが確定しているものを除き、極力作らないことをお勧めします。
数的処理の勉強は、毎日行って、1点でも多く取れるように頑張ってください。