衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

卵の白いひも、食べても大丈夫?

新聞を読んでいたら、卵のカラザを取り除くためのスプーンを見つけました。カラザは、卵を割った時に見える、白いひも状の部分です。

f:id:e5253:20170818191349j:plain

食べる人、食べない人が分かれるカラザ。一体どんなものなのか調べてみました。

 

カラザは、卵白の一部です。卵黄を卵の中心に固定し、外部からの衝撃から守る働きがあります。爬虫類の卵にはなく、鳥類の卵にはあるのが特徴です。

カラザには、カルシウムやリン、鉄などのミネラル、カロチンやビタミンB1ビタミンB2など豊富な栄養素が含まれています。他にも、シアル酸という酸性のアミノ糖が含まれています。

シアル酸は、人の細胞にも含まれていて、ウイルスや細菌などが細胞に感染することを防ぎ、免疫力を高める働きがあります。インフルエンザウイルスにシアル酸が有効であるという研究報告もあります。美肌効果育毛促進効果もあるそうです。

 

ただし、卵の摂り過ぎは血中コレステロールの増加につながります。健康に良いからといって食べ過ぎは禁物です。

複数の食品をバランス良く食べ、適度に運動し、十分睡眠をとることが健康への近道です。

 

たまご大事典 改訂版 (I・O BOOKS)

たまご大事典 改訂版 (I・O BOOKS)

 

 卵博士の高木伸一さんが書いた本です。意外と知らない「たまご」の知識を解説しています。

 

 

ところで、卵の話で私のお気に入りをひとつ紹介します。

ケーキ屋さんで働く、卵を上手に割ることができないロボット「ロボリー」と、街の子どもたちの心温まるお話です。(第18回アンデルセンのメルヘン大賞入賞作品)

出来ないことと出来ること。毎日頑張るあなたに、読んでほしい一冊です。

ロボリーは卵がにがて

ロボリーは卵がにがて