衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

専門問題を解いてみよう 4

平成29年 特別区 衛生監視(衛生)問題5

(1)次の文は、食品衛生法第1条の規定であるが、文中の空所ア~オに該当する語を解答欄に記入せよ。

この法律は、食品の[ア]の確保のために[イ]の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の[ウ]の発生を防止し、もつて国民の[エ]の[オ]を図ることを目的とする。

 

 <解答>

ア 安全性  イ 公衆衛生  ウ 危害  エ 健康  オ 保護

 

食品衛生法は、昭和22年、「飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、公衆衛生の向上及び増進に寄与すること」を目的として制定されました。
このうち、食品衛生法第1条は、食品衛生法の目的を規定したものです。

「飲食に起因する」危害は、食品、添加物のような口から摂取するものによる危害だけでなく、飲食という行為により関連して生ずる危害も含んでいます。
例えば、食器、割烹具などの器具や、包装紙、瓶、缶などの容器包装などを原因とする危害がこれにあたります。おもちゃ、洗剤についても、衛生上の規制があります。

 

食品衛生法に関する出題は食品衛生法第6条についてもありました。
食品衛生法を学びたい方には、『早わかり食品衛生法』がおすすめです。実務でも使えます。

新訂 早わかり食品衛生法 第5版(食品衛生法逐条解説)

新訂 早わかり食品衛生法 第5版(食品衛生法逐条解説)