衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

専門問題を解いてみよう 5

平成29年 特別区 衛生監視(衛生)問題2

(2)次の①、②を用いた滅菌法について、温度と時間を含めて、それぞれ説明せよ。

  ① 乾熱滅菌器
  ② オートクレーブ

 

<解答>

① 乾燥空気中で加熱することにより微生物を滅菌する方法で、乾燥高温に耐えられる物品や医薬品に用いる。ガスまたは電気によって直接加熱するか、加熱した空気を循環させて乾燥高温状態を保つ方式などがあり、180℃で30分から1時間行う。(乾熱滅菌法)

② オートクレーブで121℃、2気圧で20分間加熱する方法で、高温高圧水蒸気に耐える物品や医薬品に用いる。滅菌処理に要する時間、コストが比較的少なくてすみ、その適用範囲も広い。(高圧蒸気滅菌法)

 

滅菌についての問題は、頻出です。火炎滅菌法について記述問題が出題されたこともあります。

因みに滅菌とは、病原体・非病原体を問わず、すべての微生物を死滅または除去することです。
消毒、殺菌、滅菌の違いも答えられるようにしておきましょう。



微生物学の勉強が心配な方は、隙間時間の勉強に便利な『休み時間シリーズ』をおすすめします。
項目ごとのポイントと章末の練習問題で着実に理解することができます。微生物についてや、ウイルスと細菌の違いなど、図や写真で分かりやすく解説されています。

休み時間の微生物学 第2版 (休み時間シリーズ)

休み時間の微生物学 第2版 (休み時間シリーズ)

 

 

『KS好きになるシリーズ』もおすすめです。カラーイラストと分かりやすい内容に、確認問題つきです。
食中毒からインフルエンザ、デング熱エボラ出血熱などの感染症まで抑えた一冊です。

好きになる微生物学 (KS好きになるシリーズ)

好きになる微生物学 (KS好きになるシリーズ)