衛生監視員はじめました

食品衛生の話と、衛生監視の公務員試験のことについて書きます。

専門問題を解いてみよう 9

平成29年 特別区 衛生監視(衛生)問題 6

(1)次の文は、酸性雨に関する記述であるが、
    文中の空所ア~ウに該当する語又は数値を解答欄に記入せよ。

酸性雨とは、化石燃料の燃焼により大気中に放出された硫黄酸化物や[ア]酸化物が、酸素や水分と反応して硫酸や硝酸となり、pH が[イ]以下の雨となって降ることである。
土壌の酸性化による植物への被害や湖沼の酸性化による魚類の減少といった[ウ]に深刻な影響を与える。

(2)石綿アスベスト)による疾患を2つ挙げよ。

 

 <解答>

(1)ア 窒素  イ 5.6  ウ 環境
(2)石綿綿、悪性中皮腫、肺がん、気管支がん

 

 

 

 

酸性雨について

通常の雨は二酸化炭素を含んでいるため、弱酸性です。pHが5.6よりも低い(酸性の強い)雨は、酸性雨と呼ばれます。酸性雨は、工場の煤煙や自動車の排気ガスなど、化石燃料の使用が酸性雨の原因となっています。これは、排出された窒素酸化物NOxや硫黄酸化物SOxが大気中で酸化され、強酸である硝酸や硫黄に変わるためです。
酸性雨により、河川や湖沼のプランクトンや水生生物が死滅したり、土壌の変質や森林の枯死を招くなど、環境への影響が広がっています。

 

NEW実験キットシリーズ 酸性雨の研究

NEW実験キットシリーズ 酸性雨の研究

 

 

 

石綿アスベスト)による健康障害発生のメカニズム

アスベストの粒子は非常に小さく、飛散すると空気中に浮遊し吸入されて人の肺胞に沈着しやすい特徴があります。肺胞に沈着したアスベストの一部は、異物として痰の中に混ざり対外へ排出されますが、丈夫で変化しにくい性質のため、体内に滞留しやすいです。これが、肺の線維化や悪性中皮腫、肺がんを引き起こす原因となります。

          f:id:e5253:20170830230602p:plain

 

石綿アスベスト)による疾病

石綿綿
職業上アスベスト粉塵を10年以上吸入した労働者に起こると言われています。潜伏期間は、15年から20年と言われています。アスベスト曝露をやめた後でも進行することがあります。

悪性中皮腫
肺を取り囲む胸膜や肝臓、胃など臓器を囲む腹膜、心臓及び大血管の起始部を覆う心膜などにできる悪性の腫瘍です。若い時期にアスベストを吸い込んだ方が悪性中皮腫になりやすいことが知られています。

肺がん
石綿が肺がんを起こすメカニズムは、まだ十分に解明されていませんが、肺細胞に取り込まれた石綿繊維の主に物理的刺激により肺がんが発生するとされています。

 

地球環境問題がよくわかる本

地球環境問題がよくわかる本